2017年 大学合格者の声

東京大学 理科一類

立原 礼也 君(筑波大学附属駒場高校)

中高6年間、高校・大学入試ともに、一貫して館山塾にお世話になりました。少人数制でベテランの講師だからこその親身な個別対応が、小学校では平均より少し上の、平凡だった僕を筑駒高、そして東大へ導いてくれたのは間違いないし、言うまでもないことです。親身なだけではなく、内容も非常に洗練された指導だったと実感しています。

受験生の皆さんへ。

学力を伸ばす魔法はありません。本人が、史実、定理、現象といった各教科内容と誠実に向き合って初めて学力は「もしかしたら伸びるかもしれない」のです。一方で、その「かもしれない」の程度を、より確実な方へ引き寄せるメソッドは存在します。そして館山塾生の皆さんは既にその恩恵を受ける最高の環境にいるわけです。館山塾の教育・教材という最強の武器を備えつつ、自らの足で、一歩一歩着実に進んでいって下さい。応援してます。

 

 

一橋大学 経済学部

瀬戸 大祐 君(海城高校)

試験前でも休まず、しっかり授業に出ていたことが合格につながりました。規模の小ささを生かした各科目の先生方の個人指導が館山塾の最大の強みだと思います。

 

 

東京工業大学 第3類

小林 美沙子 さん(都立日比谷高校)

とにかく親身。本当に面倒見が良くて、勉強のことから個人的な事まで、何でも相談できます。また生徒のことを本当によくわかっているからレベルにあった問題を準備してくれたり…実家のような塾です。日々の勉強はもちろん、センター対策、AO対策本当に助かりました。子供ができたら入塾させたいので、それまで生きてて下さいね。

 

 

早稲田大学 商学部

岡本 瑞生 さん(お茶の水女子大学附属高)

それまで塾の予習・復習はしていましたが、高2から先輩の進学実績や周りのレベルがすごすぎて焦り始めたので英語だけはちゃんとやり始めました。塾のみんなの仲がよく、何でも言いたいことを言えました。先生方もすぐに相談に乗ってもらえ、特に志望校を決めるときはとても助かりました。

 

 

立教大学 コミュニティ福祉学部 

白塚 光莉 さん(都立新宿高校)

高2までは塾の予習・復習だけしていました。高3になり、英語の重要性にやっと気が付き、分からないところがあったらすぐに質問しにいきました。先生と生徒の距離が近く、質問や相談がしやすかったです。模試の判定がなかなか伸びなかったのに最後まで見捨てずにフォローしてもらいました。

私は、ああしていればよかったと少し悔いの残る受験になってしまいました。これから受験する子はこの大学に行きたい、これを学びたいという自分の気持ちを一番に考えて悔いの残らない1年を過ごしてほしいです。