title_06

各教科の指導方針

英語

理解と練習の融合で揺るぎない力を
目標を達するには正しい方法が必要です

“Practice makes perfect”ということわざを知っていますか?よく「習うより慣れろ」等と訳され、理屈を言わずに練習をどんどんするのが上達の早道だ、と解釈されています。しかし、それは正しい解釈ではありません。この言葉の正しい意味は「よく理解した上で練習を積めば完全なものとなる」なのです。
館山塾の英語科では、この言葉の前提をなしている「理解」を重視し、徹底的に分からせることを目指します。分かる喜びは何よりも学習意欲を高めるものです。生徒のいかなる質問にも明快に答えられるように日々研鑽を積んでいる講師陣のもとで、英語を隅々まで理解しながら、必須事項を網羅した教材で徹底的に練習を積みましょう。理解と練習の相互作用により、あなたは完璧な力を養成できるのです。

数学

各分野の徹底理解が数学の総合力!
定理・公式の射程範囲を正確に把握する

高校数学の学習は、様々な定理・公式の役割を正確に理解・記憶することから始まります。中学までの問題解法の思考過程を1つの形へと昇華させたものが、定理・公式です。これらをその導き方と同時に、どのような問題状況で活用するかを学ぶことが、高校数学の学習内容であり、これを把握した者のみが、大学受験で数学を使う資格を持つことができます。

館山塾では、この目的達成のためにオリジナル教材、復習プリント、補講を駆使して、塾生の定理公式の定着度をアップさせます。受験数学もセンターレベルであれば、これだけで高得点が望めます。また私立国立2次試験への対応に関しても、確かな基礎力に裏打ちされているため、効率のよい学習ができ、現役受験でも受験に必要な応用力を高めることが可能になるのです。

国語

大学入試で意外に差がつく国語の得点
入試で国語を得点源にする指導の秘密

2000年を境に、大学入試の国語の問題は易しくなってきています。東大の国語が問題数を減らしたのを初め、早稲田・立教でも、基礎的な文法、単語問題が出題される等、難問が姿を消しつつあります。これには真面目に対策を立てた受験生と、何もしない受験生とを区別しようと言う意図があります。国語はやらなくても何となく取れるという人は、確実な対策で大きな差をつけられます。また国語を苦手としていた人も、しっかり対策を立てることで、取れるところを固め、確実な得点が可能となります。私たちの指導は国語を得点源とする指導です。現に高1のAクラスでは、既に私立最難関校問題でクラス平均が合格ラインを上回っています。その秘密は……。残念ながらここで種明かしはできません。この続きは、授業でお話ししましょう。

理科・社会

理科・社会科は現役合格の要
センターから難関校まで、私たちが指導します。

理科・社会科を勉強している皆さん。暗記に頼りすぎていませんか?館山塾の理科・社会科は、どの講座も暗記だけに頼らずに、知識力と思考力のコンビネーションで受験を突破することを目標としています。各科目に精通した経験豊かな講師陣によって広い視野と体系的な理解が養われ、本当の力が身につきます。

日本史・世界史は難関校を目指す諸君のために、高校2年生から受講可能です。高校3年生ではすべての科目において基礎から徹底的に見直します。

現役合格への最短距離がここにあります。

理科・社会科をうまく攻略して、成功をその手にしよう。

年間予定カレンダー(2018年度)

高校1年生
高校2年生
高校3年生

進度予定表(2018年度)

高校1年生
英語 
国語 国語
数学 
高校2年生
英語 
国語 国語
数学 
理科 理系物理
高校3年生
英文解釈 
英作文法 
国語 現代文古典
日本史 
世界史 
数ⅠAⅡB 
数学Ⅲ 
理科 物理総合物理演習

内部生情報

2018 年度センター試験 館山塾生結果
2017 年度センター試験 館山塾生結果
2016 年度センター試験 館山塾生結果
2015 年度センター試験 館山塾生結果
2014 年度センター試験 館山塾生結果
2013 年度センター試験 館山塾生結果
2012 年度センター試験 館山塾生結果
2011 年度センター試験 館山塾生結果

バックナンバーはこちらからご覧ください。