3つの強み

講師の力

公教育の崩壊の原因の一つは、宿題をきちんとやってくるというあたりまえのことが指導できなくなったことにあり、先生の当たり外れがその後の学習能力の大きな差になって現れています。
 館山塾では学生のバイト講師は一人もいません。常勤講師5名は、全員が中学生・高校生を担当し、教科指導の本質から入試傾向に至るまで、長年の傾向からあらゆることを熟知し、中高6年間の中で何が必要かを常に見据えた指導を行っています。教材は、こうした豊富な指導経験を基に厳選されたオリジナル教材を中心に構成されています。
 また、毎週の講師ミーティングではその週の生徒の動向を逐一伝達し合い、講師全員が情報を共有し、指導に役立てています。

一人一人を大切に

落ちこぼれを気にして上位層を退屈させる公立学校や、逆にスパルタについてこられる生徒だけを相手にする合格実績至上主義の一部進学校や大手塾とも異なり、私達は、生徒一人ひとりの特性を把握した上で、「この生徒には何が必要か」を常に考えた指導を行っています。学校の定期試験向けの補習指導から、進路相談に至るまで、個人個人に対応した指導が可能なのは、学力別・少人数制クラスで一人一人を正確に把握しているからです。そして、生徒を一人格として尊重し、信頼関係を大切にし、できるだけ早い時期に堅実な学習習慣を養っていきます。

手厚い指導

大手塾や予備校では、授業の進行を妨げるという理由で個別の質問が禁止されている所もあります。私達は、個別の質問を歓迎するだけでなく、質問できない生徒やつまずきのある生徒も見逃しません。日曜日の特別個人指導の時間では、通常の補習指導の他、各講師の工夫で、添削指導、志望校別入試対策、弱点補強対策、内申対策なども実施し、家庭教師や個別指導の長所と、一クラス10名前後の集団指導で生徒同士が切磋琢磨する利点とを兼ね備えた、理想的な指導がここに実現しています。