講義以外にもさまざまな方法で生徒諸君の学力向上を図ります。

復習テスト

中学の部、平常期間

英語・数学・国語の各教科では、復習テストを毎週実施しています。 原則として前回の講義内容から出題され、習熟度を測るために行われます。 国語科では復習テストとして毎回範囲を指定して、漢字・文法テストを実施します。 クラスの進度や実態に応じて最適なテストを実施するシステムが確立しています。

いずれのテストも教科担当講師が自ら作成したオリジナルテストです。 担当講師が採点・添削し、生徒諸君の力量や習熟度をしっかりと把握します。 平常期間において勉強に対する緊張感を保ち、また家庭学習の習慣化にも役立ちます。

習熟度が低い場合は日曜日に特別個人指導を行い、徹底した理解を目指します。

レポート課題

高校の部1・2年、平常期間

英語・数学・国語の各教科では、毎回の講義内容に応じたレポートを課しています。

平常講義期間は毎回提出で、担当講師が添削のうえ返却します。

正解かどうかだけでなく、考え方まで踏み込んで丁寧に添削します。

答案が不十分な場合は日曜日に特別個人指導を行い、徹底した習熟を目指します。

レポートは講義内容を確実に身につけるための家庭学習の課題です。

何らかの理由で期限内に提出できない場合は、遅れても必ず提出することになります。

担当講師は、未提出のままに放置することはありません。

特別個人指導

中学の部及び高校の部1・2年、平常期間の日曜日及び夏期講習

館山塾は塾生諸君の学力向上に責任を持って取り組みます。

塾生諸君の学習状況を的確に把握するために、平常講義期間は、毎回上記の復習試験(中学の部)・レポート(高1・2年)を実施しています。この結果や授業中の様子をみて、理解が不十分で今後の授業に出席しても十分な成果が得られないと判断した場合は、講師が直接呼び出して個別指導を行います。

以上の趣旨で行うものですから、特別個人指導に呼び出された場合は、必ず出席することが要求されます。 夏期講習期間には4日間設置されます。

総合試験

中学の部・高校の部1・2年、年間5回

年に5回の総合試験を行い、学習事項の総合的な評価を行っています。

学習内容がきちんと理解できているかを明確にすることができます。 総合試験の結果によって、毎回クラス編成が行われます。

春期講習総合試験(春期講習最終日)
 ↓
第Ⅰ期総合試験(5月末頃)
 ↓
前期終了総合試験(夏期講習最終日)
 ↓
第Ⅲ期総合試験(10月末頃)
 ↓
冬期講習総合試験(冬期講習最終日)

総合試験後に、得点、偏差値、順位、新クラスなどをお知らせする個人成績票と全体の得点分布、成績上位者、担当講師の概評などをまとめた成績資料が郵送されます。

高3生に関しては、夏期講習総合試験のみ実施されます。

中3過去問演習

対象:中学3年生

【回数】
平常講義期間(7月~1月)に7回(理社:土曜日、英数国:日曜日)
正月特訓期間(12/30、31、1/2、3)に4回
合計11回実施

【内容】
各自の志望校に応じた、過去問演習を行います。テスト形式で行いますから、自宅で練習するのとは違った緊張した雰囲気の中で、入試演習が行えます。

答案は、各科の講師が採点することで、生徒ひとりひとりの答案の傾向を把握し、その後の指導の参考としています。

合格最低点が公表されている学校の場合は、その点数との差で、都立では、例年の合格基準との比較で、リアルな合否判定を行い、臨場感ある入試演習が可能です。

チーフ制度

中学の部、高校の部

常勤講師一名がチーフとなり、学習方法・進路等について指導します。

特に、受験学年においては、受験勉強の方法はもちろん、受験校の決定まで責任を持って指導します。

相談は随時受け付けます。気軽に声をかけてください。

FAX質問教室

中学の部、高校の部

自宅で勉強していて、わからないことが出てきたら──

勉強はその場、その場で理解していくことが重要です。

館山塾では24時間FAXで質問を受け付け、塾生諸君から大きな喜びの声を頂戴しています。

送られてきた質問は、午後9時までに着信したものには、当日中に回答します。

(回答する講師を指定された場合には遅れることもあります)

館山塾FAX番号:03(3264)8636

出欠の確認

中学の部、高校の部

館山塾は、少人数制による責任指導をモットーにしておりますので、授業に遅刻・欠席する場合は、事務局までご連絡をいただくことになっております。

ご連絡がない場合は、事務局より電話で確認いたします。

欠席した場合は、次回の授業に支障のないように、講義内容等に関して授業時間終了後に、電話で確認してください。

成績の向上のために最も大切なことは、授業に休まずに出席することです。

できる限り遅刻・欠席のないようにしてください。

面談

中学の部

7月と10月の年2回、保護者の方を交えて三者面談を実施しています。

1、2年生は学習姿勢や日常の生活習慣などを中心に、3年生は成績の現状及び受験に関する内容を中心に話し合います。

この他、年度初めには保護者の方を対象としたオリエンテーションが行われます。

高校の部

3月、7月、11月(高3は9月)の年3回、ご本人との面談を実施しています。

なお、中高とも必要に応じ、随時面談(保護者or本人or三者)を実施いたします。

ご希望の際は、ご連絡ください。

メール配信

中学の部、平常期間

館山塾では保護者の皆様との連携を一層強化するため、ご希望により、下記についてメール配信を行っております。

配信内容
お子様の毎週の復習テスト類の点数、出欠状況、ご家庭へのご通知等
配信回数
月一回程度
配信期間
平常講義期間